スポンサードリンク

2008年05月12日

あと4年で原発約3基分の太陽電池が毎年生産へ

一過性に終わった1973年の石油ショックと異なり,今回の化石燃料の高騰は解決の糸口が見えません。いわゆる「ピーク・オイル(peak oil)説」,つまり「石油の産出量が頭打ちになる時期」が2007年に来たという説も出ています。これを解決するにはやはり,原子力発電か,太陽光発電や風力発電といった代替エネルギーを増やしていくしかなさそうです。


あと4年で原発約3基分の太陽電池が毎年生産へ

 このうち,太陽光発電は,発電量,コスト,そして効率の3点で一般に思われているよりも大きな役割を果たせる可能性があります。まず発電量に関しては,2007年の太陽電池モジュールの生産量は,そのモジュールで可能な最大発電量に換算して約3.7GW分でした(関連記事)。4年後の2012年には15GW/年になる見込みです(シャープ調べ,関連記事)。平均的な原発1基の最大発電量が1GWですから,その規模の大きさが分かるというものです。

 もちろん,これらはあくまで最大発電量で,平均発電量を比較するには稼働率を考慮する必要があります。仮にすべて日本で利用することを前提にすると,太陽電池の稼働率は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)によれば約0.12。これはつまり,太陽電池が十分な性能を発揮できるのは24時間/日×0.12=2.88時間/日ということになります。一方,原子力発電の稼働率は故障や地震の多い日本では0.6〜0.7。これらの稼働率を考慮すると,4年後の太陽電池の年間生産量は,原発2.5〜3基分の発電能力に相当する計算になります。2012年以降は生産量がさらに増えていくことを考えると,意外に多いと思うのは私だけでしょうか。実際には太陽電池の実質的な発電量はさらに多い可能性があります。太陽電池を砂漠などに置けば稼働率は0.12よりずっと高まるためです。また,電力の需要が本当に高いのは夏の日中であることを考慮すると,最大発電量の値がむしろ重要である可能性もあります。

posted by きろろ at 01:33| ECO活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

シャープ・関西電、国内最大の太陽光発電所設置計画

シャープと関西電力が、堺市臨海部にある府の産業廃棄物最終処分場に、国内最大となる発電容量1万キロワットの太陽光発電所を設置する計画を共同で進めていることが14日、分かった。府の公募に応じて用地を借り、2009年秋に完成させたい考え。

地球環境を考えると、こういうことに税金を投資するのは惜しくないんですが・・・
発電した電力を還元するシステムでも私たちは非常に助かります。

小学校や中学校といった国で管理する施設にもどんどん導入して、子供たちの地球環境に対する教育や、実際のコストパフォーマンスを実現させていくいい機会だと、私は思います。
posted by きろろ at 23:16| ECO活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

17日開催の東京マラソン ECO 環境へ配慮

20080217-1249617-1-N.jpg東京都心を3万人のランナーが走り抜ける東京マラソン(読売新聞社など共催)が、今月17日に行われた。

 2回目となる今大会は、環境への配慮と、初心者ランナーへの目配りが大きな特徴だ。準備作業も佳境に入った。

 フルマラソンのゴール地点となる東京ビッグサイト(東京都江東区)には、350枚のソーラーパネルをはり付けた太陽光発電車が登場し、吹奏楽や和太鼓演奏などで使うマイクやスピーカーの電力を賄う。さらに、大会事務局は、都の下水処理場で発生したメタンガスで発電したとみなされる「グリーン電力証書」を購入し、イベント会場の照明などの電力(約1万キロ・ワット・アワー)に活用することで、「エコマラソン」をアピールしている。

 1万2000人に上るボランティアや、スタッフが身につけるジャンパーと帽子の計1万5000組も、ペットボトルを再生した繊維で作った。事務局は「スタッフの移動用バスの大半は、ハイブリッド車燃料電池車」と胸を張る。

東京マラソンは、都庁前をスタートし、皇居や銀座、浅草など、東京の名所を巡る。東京ビッグサイトまでの42・195キロを競うマラソンの部と、日比谷公園までの10キロの部が行われた。
posted by きろろ at 23:01| ECO活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。