スポンサードリンク

2009年06月30日

屋根デザインに合わせた太陽電池の設置を可能に

3sharp_iconjpg.jpgシャープは2009年3月3日、これまで設置が難しいとされていた小型、複雑な形状の屋根にも効率良く太陽電池を設置できる国内住宅向け太陽光発電システム「ルーフィット設計対応システム」を発表した。

 従来は42直の1機種を使用し、縦横117cm刻みで屋根へ設置していたが、今回採用したルーフィット設計では、従来型に比べ耐風圧性を強化した42直の3機種を組み合わせることで、縦7〜13cm、横7〜25cm刻みでの設置を可能にした。モジュールの設置容量は、平均で約24%拡大するという。4月1日より東京都内で先行発売が開始され、順次、全国展開される。
posted by きろろ at 22:59| 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。